ANIMA TOP


ANIMA会員様
ショッピング


ANIMA
STORES.jp店


特定商取引法に基づく表記


ANIMAお問い合わせ


ペットの為のサプリメントANIMA(乳酸菌生産物質)

乳酸菌生産物質とは?


乳酸菌生産物質とは

腸内には、乳酸菌、酵母菌、放線菌などの善玉菌と大腸菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌が同居しています。その中の善玉菌が作り出す有効物質こそが乳酸菌生産物質です。
乳酸菌生産物質は、乳酸菌が生み出す分泌物であって生きた乳酸菌ではありません。
その為、胃酸や胆汁に負けずに腸まで到達する事が出来ます。
乳酸菌生産物質の成分を調べてみると各種アミノ酸、ビタミン、微量ミネラル、酵母、有機酸、核酸といった健康に役立つさまざまな成分が豊富に含まれているほか、酵素を多く含んでいます。この酵素は腸内環境をととのえるのに素晴らしい効果を発揮します。
腸内を顕微鏡で見ると草花が生い茂る叢(くさむら)のようなものに見える事から腸内細菌叢、あるいは腸内フローラと呼ばれています。
腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌に分けられ、悪玉菌が優勢になると体に不調をきたします。たとえば、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が増えると腸内で異常発酵が起こり、便秘や下痢を起こしやすくなります。
逆に腸内に善玉菌が増えると腸の健康が維持されます。さらに善玉菌と悪玉菌の他に日和見菌と言う菌がいます。日和見菌は善玉にも悪玉にもなる菌で、乳酸菌や ビフィズス菌などの善玉菌が優勢になると、善玉菌といっしょになって働きます。ただし、悪玉菌が優勢になれば、日和見菌は悪玉菌の見方をします。このように、健康な腸は、善玉菌の優勢な腸内フローラを形成しています。
そして腸内フローラが影響を与えるのは腸の中の健康だけにとどまりません。実は腸というのは、全身の健康に多大な影響をもたらす臓器で、病気の発生などとも大きく関わっているのです。

腸管免疫と健康について

免疫とは動物達の体に備わっている病気と戦う仕組みの事です。
たとえば,風邪などのウイスルが体の中に侵入すると、白血球の中のリンパ球という免疫細胞がウイスルを排除しようとします。
風邪時ひくと高熱が出るのはリンパ球がウイルスと戦っているからで、ウイルスが完全に排除されれば、熱も下がってくるのです。また体の中に老廃物や異常代謝物が蓄積された時も、リンパ球は、それらを排除します。健康維持に一番大切なのは免疫力であるというのはこのためです。そしてこうした免疫システムが十分に働くかどうかは「腸」にかかっています。腸管にはリンパ球が集中しており腸管免疫と呼ばれています。ウイルスや病原菌がもっとも侵入しやすいのは食べ物が通る消化管からです。これを阻止するため、腸管には異常を徹底的に排除出来る免疫システム、すなわち腸管免疫が備わったと考えられます。
しかし免疫システムはいつまでも万能ではありません。加齢により体の機能が少しずつ衰えていくように、年をとると腸内の悪玉菌が優勢になり。腸内フローラのバランスが悪くなります。その結果免疫力も十分に働かなくなってきます。
逆に腸内フローラを善玉菌優勢な環境に整えると、腸管免疫が活性化され、全身の免疫力を高める事が出来るようになります。